FC2ブログ

クイーンのカード


タロットの小アルカナには
コートカードという人物札があり、
その中でもほぼ間違い無く女性を表すのが
「クイーン」のカードです。

四つのスート
(剣・棒・カップ・ペンタクルス)
のそれぞれのクイーンの内、
一際美しいと感じるのは
(私の超個人的な私感ですが)
カップのクイーンです。

やはり火・地・風・水の四元素の
中でも愛情を表す水のスート、
トランプではハートに対応する
クイーンだけの事はありますね?

以前に私の身近な女神の事を
タロットケースという記事で書きましたが、
この「カップのクイーン」を
実際の女性に当てはめると
この方になります。
(こちらも超超個人的私感です)
  ↓ ↓ ↓ ↓ ↓

はい、元宝塚歌劇団の花組トップスター
「真矢みき」さんです。

う〜神様は罪な方だ・・・・・
こんなに美しい人をこの世に
創造されるなんて・・・・・

ん?何か変な方向に行ってしまった。

スポンサーサイト



ハッピーパパ


今日は悠庵さんへ、
浅野先生タロット講座
受講しに行ってきました。

先生は先日のブログ
「アドバイスに導かれて」と、
「見た目を変える事で、中身も変わる」の記事内容通り、
服装や髪型がより爽やかにグレードアップされていて、
ナイスガイ!でした。

今日も講座準備で忙しく、
2時間しか寝ていなかったそうですが、
そんな事をまるで感じさせない
パワフルさに圧倒されました。

それに引き換え私は本日絶不調!
徹夜明けで眠い上に
昨晩からくしゃみと鼻水が止まらず、
講座前半は殆ど死んいたのdeath

講座開始前に抗アレルギー剤を
慌てて服用しましたが、
休憩後の後半にようやく薬が効いてきて
何とかラストまで持ちこたえました。

服用した薬は一般的な西洋薬ですが、
症状は押さえられた代わりに
若干の副作用がありました。
もぁ〜〜〜とするんですよ・・・

私は普段から、
体質改善の為に漢方薬を飲んでいますが、
こちらは殆ど副作用がありません。
(物により、全く無い訳ではありませんが)

やはり症状を直接押さえるタイプの
西洋薬は最低限の服用にしたいですね?
(そうも言い切れないかぁ〜)

所で今日は「父の日」でした。
母の日に比べるとマイナーですが、
我が家ではとても嬉しいことが・・・・・

まず夕食は私の大好物のヒレカツに
プレミアムモルツが付き(普段は発泡酒)、
デザートはこれまた大大好物の
さくらんぼ(佐藤錦だぜぇ〜byスギちゃん)

そして子供達からはそれぞれ手紙を貰い、
極め付きはこれ
↓ ↓ ↓ ↓ ↓


「お父さんの似顔絵パン」です。
近所のパン屋さんでオーダーしたらしい。
注文時、色々私の顔の特徴を告げて
お願いしたらしいです。
似てるかな?

ファッションセンス


昨日の浅野先生ブログ
「アドバイスに導かれて」
ご自身の服装等についてお話されてました。

ファッションセンス
私には最も縁遠い話かもです。
というのも元々その方面には超無頓着で、
服は着れれば何でも良い?的感覚だったからです。

だった?と言うからには今は違うのか〜?
う〜ん基本的には変わってないかな〜
私はネクタイを締める様な仕事を
殆どして来なかったというのもありますが・・・・・

でもやはりセンスの良いもの、
一流のデザイナーのデザインしたものは
違いますよね〜

ただそういったブランド品は個性が強く、
誰にでも似合うという訳では無いですよね?
自分にあったブランドがあれば、
そこの商品はだいたい安全パイ?だったりします。

時に全身そのブランドで統一された方もいて、
(売り子さんでは無く)
結構な年齢(失礼!)に見える方でも
ピンクハウスの可愛い服を着ていて
微笑ましく映る事もあります。

私はかなり以前、山本 耀司さんの服が好きでした。
ワイズとかヨージヤマモトのブランドです。
あとは同じ流れの川久保 玲さんの
コム・デ・ギャルソンとか、
ジャン=ポール・ゴルチエ なんかも好きです。
高くて買えないですけど・・・・・

何れもハイセンスの服を着て、
そのハイセンスの気を服から受けるのが
素晴らしい事だと思います。

超一流の人は超一流の物を選びますよね?
故ダイアナ妃が着ていたシャネルのスーツは
本当に似合ってました。
ああいう人が着て初めてシャネルは映えるのか?
と思いました。

ジョージマイケルが着ていたゴルチェの服もそうです。
あの服は彼が着るからこそカッコイイ!
他の人が真似てもちょっと・・・
まあもっとも彼らはオートクチュールでしょうけど、
プレタポルテでさえ庶民には高級服感覚?

以前に読んだあるサイキックの方の著作でも、
バーゲン品にはバーゲン霊界が憑いている
と書かれていました。

何でも高級品が良くて安物が悪い!
という訳では無いでしょうけど、
(実際そんな高い服ばかり買えないし
同じ物なら安く買いたいのは当然)
身の回りの物一つから一流品を選び、
その気を受け続けるのが最高ですね?

そう考えるとやっぱり収入がキチンと
してないとです・・・・・
「衣食足りて礼節を知る」
ですかね?

本日2度目の更新


つい先程「カスタマーレビュー」
という記事を書きましたが、
何となく批判めいた記事で
後味が悪く(胃の辺りが気持ち悪くなってしまった)、
新たにもう一つ記事を書く事にしました。

反動で思いっきりミーハーな
自分の好きな個人的な内容で
気分を変えよう〜

せっかく浅野先生ブログ
私の事を書いて下さったので、
その時のMr. Crowleyの件をもう少し・・・

先日のMr. Crowleyの記事の中で
動画を1本紹介しましたが、
この動画の元はAfter Hoursという
非常に有名なスタジオライブ映像です。

オジーのブートレグ映像として
昔から販売されていて、
西新宿の某ビデオショップでは
長年売り上げ1位を記録していました。

私も当時(1981〜82年頃)札幌で、
友人が市内の輸入版専門店で入手した
このビデオ(お値段1万数千円!)を
見せてもらいました。

ダビングに次ぐダビングと
いった感じの酷い画質でしたが、
それでも当時ランディの
動く姿は非常に貴重でした。

今はYouTubeで気軽に見れますから、
そういう意味ではいい時代です。

オジーのアフターアワーズは
結構アップされていますが、
今日見たのは結構音質がリアルで、
絵と音のズレが僅か(若干映像が音に遅れる)なので、
再びご紹介します。
↓ ↓ ↓ ↓ ↓
Ozzy Osbourne - After Hours Performance, NY 28.04.1981

Mr. Crowleyは3曲目です。

思い切りミーハーして
ちょっとスッキリしました。
たまにはこういう事も必要かなと・・・・・

カスタマーレビュー


昨日の浅野先生のブログで、
口コミについての記述がありました。

私も口コミは結構重視しますね〜
特に通販で商品を購入する際は
かなり依存します。

アマゾンや楽天等、
大手通販サイトの商品には
口コミが販売に及ぼす影響は
大きいでしょうね?

中には口コミを書いてくれたら
送料無料!なんていう商品も結構あります。

でも時々、特にCDなんかのレビューを見ると、
素人評論家が多くてうんざりする事もあります。

きっと自分なりの拘り?が強く、
とても音楽評論家なんかには
なれなかった様な人達が、
「このアルバムは俺に語らせろ!」
みたいな感覚で書いている感じで、
きっとこの人自己満足しているな〜
と思います。

まぁ〜ブログとかの世界も然りですが、
例えばSNSの「マイスペース」なんかでも、
自分で世界を相手に楽曲を配信できる時代です。

昔はレコード会社(これも古い媒体か?)に
認めてもらってようやく作品になっていたものが、
今や何でも発信できてしまう・・・・・
もうアンダーグラウンドなんていう
領域は無い?????

それだけ取捨選択の幅が広い時代です。
「泥の中から宝を持って帰る」様な
感性・感覚が無いといけないですね?

本当はこういう話の流れになる
つもりは無かったのですが、
こうなってしまいました本日のブログです。
悪しからずm(-_-)m

Special Place


Special Place=特別な場所
皆さんにもきっと特別な
思い入れのある場所が有りますよね?

私にとっては
羽田空港と千歳空港です。
千歳は新千歳に、
羽田は現在も拡張・進化し続けていますが、
羽田も千歳も元々の古い建物の方が
私には思い入れが深いです。

札幌生まれの私にとって
東京は飛行機で行く所でした。
飛行機に乗る事=凄い遠くへ行く事なので、
自然と空港が特別な場所になって行きました。

人の送り迎えなんかでも、
目的の便の到着ランプが付き、
到着ロビーから家族が出て来るのが
見えた瞬間、何かこう〜とても嬉しかったですね!

今は東京に住んでいて、
たまに実家に帰る時は
やはり飛行機ですが、
千歳空港の、あの周りに何もない
緑に囲まれた広大な滑走路に
降り立った瞬間、とてもほっとします。

お〜い、久しぶり〜帰って来たよ〜
みたいな感じになり、
思わず羊蹄山(蝦夷富士)に
向かって「神様、帰ってきました」
と呟いたりするんです。
(ちょっと危ない人かも・・・・・)

反対に羽田に戻って来る時、
湾岸の工業地帯や
海上のタンカー等
ごちゃごちゃした所に
いつの間にか滑走路が現れ、
着陸した瞬間は何とも言えない
気分になります。

ここが今のお前が住んでる所だろ?
自分で選んだ場所だろ?
勝負しに来てるんだよな?
さあ目を覚ませ・・・・・
こんな感じの内なる声が聞こえて来るのです。
(決してファイターでも何でも無いです)

そんな私にとって羽田と千歳は
空気の分れ目なんです。
休暇で帰省〜仕事で帰京となると
単純にonとoffの境目ですが、
そうでは無い〜特別な世界の
空気が変わる所なんです。

今日もまとまらなかった〜
すいません。

寿命


今日はちょっと悲しい出来事が・・・・・
大事に飼っていた我が家のデメキンが
死んでしまったのです(;>_<;)

ちょうど2年前の6月5日に
我が家にやって来て、
偶然にも同じ本日6月5日に
旅立ってしまいました(´ノωノ`)
(最期は家族全員が揃って見届けました)

(埋葬直前に撮りました)

このデメキン(名はデメタン)、
来た時は真っ黒だったのが
だんだん退色して
いつの間にか赤デメキンに
なってました(● ̄▽ ̄●;)

その後も何かと病気がちで、
やれ塩水浴とか薬浴、
しまいにはイソジン浴まで〜
色々と世話の焼ける奴でした。

でも病気で入院?(別の水槽で療養)
する度に家族からの愛情も
深まっていった感じでした。

以前にも危篤状態になった時があり、
その時は薬師如来様のパワーコール
(オンコロコロセンダリマトーギソワカ)
で見事蘇ったのですが、
今回はダメでした・・・・・

死因は幾つかある様ですが、
ひと事で言うと「寿命」です。

人は皆、
(人に限りませんが)
「寿命」で亡くなると言われます。
病気や事故等で死ぬのでは無いと・・・・・

直接の死因がたとえ病気や事故だったとしても、
それは寿命で亡くなったんだと・・・・・

そしてこの寿命は先天運の部分で
ある程度は決められていて、
残りの後天運の部分で
何割かは改善できる余地があると言います。

それならば天命・天寿を
それ以上に全うし、
素晴らしい人生にしていきましょう。

ん〜?
まとまらなかったですね?
失礼しました。

未病に思う


先日のこのブログで「未病」
という言葉が出て来ました。
中国最古の医学書「黄帝内経」
こうていだいけい や、
日本では江戸時代、貝原益軒が
「養生訓」の中で記しています。

自覚症状があって何となく不調と感じているのに、
検査等をしても特に異常が出ない為、
病院に行っても何もしてもらえない〜
または行く程でも無いかな?的状態です。

普通(西洋医学)の病院では
未だ病気になっていないので
治し様が無い?薬も当てはまらない!
だから本当に病気になってから来なさい〜

これでは予防医学になりません。
こういう早い時点で手を打っておけば、
重い症状にならずに済むのに・・・と思いませんか?
その点、東洋医学ではこの「未病」の時点でも
正々堂々?胸を張って???通院できます。
むしろこういう状態を改善するのに積極的です。

だから私もそういった健康管理という意味で
月1回、K先生の所へ通っています。
(K先生については「女性の運命線」の記事をご覧下さい)

普通のサラリーマンの人ですと
だいたい年に1〜2回位、
会社での健康診断等があると思います。

自営業や自由業の人だと中々こういう
機会すらないと思います。

皆さんはご自身の健康管理、
どの様になさってますか?

手相では健康線等によって
病気や健康状態も知る事ができます。
こちらは「未病」状態よりも遥か前、
本当に健康優良児的な時からでも
予測できます。

今回述べて来た事は最近よくある世間の事象、
何か一つの事件が起きて初めて事の
重要性が認識され、
これじゃイカン!と慌てて改善される
傾向に似ています。

例えば通学路で交通事故が多発して
ようやく児童の安全確保に乗り出したり、
やはり長距離バスで大事故が起こってから
運行管理を厳しくしたり・・・・・

ストーカー事件では事件(殺人等)が
起こって初めて警察が動く!
起こりそうでも起こってない時は
警察が動けない!!!

そして痛ましい犠牲が出てようやく
改善に乗り出す・・・・・

手相や東洋医学が「未病」の
状態でもアクションを起こせる様に、
こういった世間の動きにも
「未然に防ぐ」事が多く出来れば良いですね?

未然に防がれている時は静かで目立たないので、
平和を感じにくいかも知れません。
(ファインプレーをそう感じさせない状態かな?)

きっと同じ様な事件・事故が
同時期に集中して起こる時は
目に見えない、耳に聞こえない警告が
マックス状態まで到達しているのでしょう。

病気も警告も、
見えない・聞こえないうちに
対処していきたいですね。


image
プロフィール

渡部明彦

Author:渡部明彦
1965年 札幌市生まれ。
一男一女の父(でも独身)
東京都府中市在住。
占術は流年手相、干支気学、
現代版四柱推命
タロットカードなど。
更にメンタルチェンジャー
として、日々多くの皆様の
メンタルブロックを
チェンジ&チャージしている。
facebookページ
連絡先はakihiko.robin.watanabe
@gmail.com

ブログランキング参加中

FC2Blog Ranking

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR