FC2ブログ

旬のモノ


今日はちょっとしたお祝い事があり、
近くのケーキ屋さんで桃のタルトを購入!



お店に入った瞬間にこのタルトが
目に飛び込んで来ました。
もう即決で決めました。
いつもは色々と
ショウケースを見て悩むのですが・・・

やはり旬の桃を使っていたのが
決め手でした。
旬は尊いのです。

今やこの日本では、
季節に関係なく一年中
様々な食べ物が手に入ります。
流通形態が凄いですもんね〜

でも本来、旬の食べ物は
神様がその季節に応じて
人間の体に必要な物が摂れる様にと!
工夫された結果です。

ですから旬の食べ物には
ちゃんと意味があるのですね〜

私が大好きな果物No.1はさくらんぼで、
2位は桃です。

どちらも基本的に
その季節しか流通しないものです。
だから尊いし好きなのです。

まぁ〜缶詰もありますけど、
やっぱ生には叶わないですよね?
特にさくらんぼの缶詰は
フニャフニャして全くの別物!!!
あれはパフェの頂上に添える為にある???

そういう意味で、さくらんぼは
代替えの利かない本当に貴重な
果物だと思います。

もうそろそろスーパーでも
見かけなくなってきましたね?
悲しい・・・・・

スポンサーサイト



七夕は年に2回?


一日遅れましたが、
昨日7月7日は七夕でした。
でも私は今ひとつ7月7日の
七夕がピンと来ません。

何故なら私の故郷の北海道では
8月7日が七夕だからです。
ひと月遅れなんです。

と言う事は、
織姫と彦星は年に2回会っている???

そういえば、男性で名前に「彦」という
漢字が入る方は女性問題で必ず一度は揉めるとか?
(私の名は「明彦」で、やはり一度揉めてます・・・)

彦星さんは大丈夫なの?
あと少名彦天通の神様とかも
(こちらも故郷、北海道神宮の神様です)
北海道が離婚率高いのに関係している???

甚だしく脱線しましたが、
今の時期の風物詩、
高校野球の予選が始まっています!

私の母校「H高校」野球部は、
かつては夏の全国大会最多出場回数を
誇る名門でした。

私の在校当時(30年程前)は男子校で、
今は男女共学になっているそうです。

そして私の在校当時はとても
校内が腐った状態でした。

何でもかつては全ての運動部が
最低でも全道優勝、若しくは全国優勝を
果たす程のスポーツ強豪校だったそうです。

それが私の在校当時は殆どの
部が一回戦負けの常連でした。

その理由は入学して直ぐに解りました。
それは運動部員の人達の
根性が皆腐っていたからです。
中にはそうでない人もいたと思いますが、
圧倒的に腐った連中の集まりだったのです。

どの様に腐っていたかと言うと、
自分達を「クラブ人」と呼び、
それ以外の運動部に所属していない人達を
「遊び人」と呼び身分差別をしていたのです。

そして自分達「クラブ人」は辛い運動をして偉く、
それ以外は楽してる「遊び人」だとして
なにかといじめていたのです。

こんな態度で練習・精進努力の無い
運動部が勝てる訳がありません!

運動部が強かった当時の
大昔のOBなどに話を聞くと、
その強い当時はそんな身分差別等は無く、
運動部員とそうでない人達は
仲良く助け合っていたとの事です。

勝てなくなったから根性が腐ったのか?
根性が腐ったから勝てなくなったのか?
とにかくいつしか悪しき風習が
根付いてしまった様でした。

所が私の入学したその年の夏、
奇跡的に野球部が十数年振り?に
甲子園出場を果たしたのです。

その訳はその年の新入生部員(私の同期)が
圧倒的に真面目な人達だったからです。

その真面目パワーにあやかって、
あれよあれよと言う間に
勝ち進んでいったのでした。

やはり純粋に真面目に練習する人達に
神様はきちんと答えて下さいますね?

その後「H高校」の悪しき風習が
改善されたかどうかは解りません。

そんな在校当時の嫌な記憶は
全て自分の中から消し去っていて、
自分の中に「H高校」の存在は
既に無いからです。

でも今日は何十年振りにこのブログの
記事の為に引っぱり出したのでした。


image
プロフィール

渡部明彦

Author:渡部明彦
1965年 札幌市生まれ。
一男一女の父(でも独身)
東京都府中市在住。
占術は流年手相、干支気学、
現代版四柱推命
タロットカードなど。
更にメンタルチェンジャー
として、日々多くの皆様の
メンタルブロックを
チェンジ&チャージしている。
facebookページ
連絡先はakihiko.robin.watanabe
@gmail.com

ブログランキング参加中

FC2Blog Ranking

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR