FC2ブログ

ポジティブキャンペーン?

衆院選が始まりました。
街頭演説やテレビ番組での討論企画等、
各党それぞれに他党の
批判合戦を繰り返しています。
ネガティブキャンペーンですね〜

アメリカ大統領選での
オバマ VS ロムニーの直接対決も
記憶に新しい所ですが、
ポジティブキャンペーン?って
無いのかな???

お互いの良い所は認めて褒めて同調して、
その上でうちはこうです、
こうしますとかってダメですかね?

「向こうは悪いがうちは良い」よりも
「向こうも良いがうちはもっと良い」の方が
気持ち良くないですか?

あまり批判ばっかり聞いていても疲れるし、
本筋が見えなくなってしまう気がします・・・
(勿論、悪い所は悪い!と言わなければダメですが)

まぁ〜もっとも
こんな緩い事を言っていて勝てる程、
現実の選挙は甘くないのでしょうけれど;;;

PR
手相家 渡部明彦のもう一つの顔
「ギタリストの為の分散和音練習ノート」
こちらも宜しくです。


スポンサーサイト



欠けのある状態

前回の記事未完成こそ面白い!
書いていて思い浮かんだのがこれ・・・

ご存知アップル社のロゴです。
最近のは立体的になっていたりして
過去からは色が何度か変わっていますけど、
基本同じロゴですね。

もしこのロゴが完全なリンゴだったら、
アップル社の今日の繁栄は無かったかも???
なんて勝手に考えていました。

日本でもスーパーのダイエーはかつて
こんなロゴでしたね・・・


この欠けた円には創業者の
「永遠の未完成」(=成長し続ける)
という思いがあったそうです。

事実このロゴ時代のダイエーは
売り上げが日本一になり王国と呼ばれ、
日の出の勢いの時がありました。
プロ野球のダイエーホークス
(現ソフトバンクホークス)を
保有していた事もあった程です。

現在はロゴも変更され、
企業自体も別物になってしまいましたが、
もし創業当時の気持ちを経営陣が
持ち続けていたならば、
きっと歴史は違っていたのでは???

PR
手相家 渡部明彦のもう一つの顔
「ギタリストの為の分散和音練習ノート」
こちらも宜しくです。


未完成こそ面白い!

以前のこのブログの
「塔の正位置」という記事で、
タロットの中で最もネガティブな
カード「塔」について書きました。

今回は真逆の最もハッピーな
「世界」の正位置がお題です。


「世界」は文字通り完成された
世界を表しますが、
逆に言うとそうそう容易に
変える事ができない「世界」でもあります。

カードで輪の中にいる人物?のように、
完成されているが故にこの輪から
抜け出せないとも言えなくありません。

「塔の正位置」で書いた
「塔」が必ずしも最悪とは
言い切れない!と同様に、
「世界」もまたしかりですね・・・

完成されたものって
勿論素晴らしいですけど、
面白みはあまり無いですよね?

いじっていじっていじり倒すのが
楽しかったりするし・・・

結果よりもプロセス?
例えが悪いですが、
キャバ嬢を口説いている時は楽しいけど
落としてしまったら
もうつまらないみたいな・・・・・

本日も失礼しました〜

PR
手相家 渡部明彦のもう一つの顔
「ギタリストの為の分散和音練習ノート」
こちらも宜しくです。


本来の姿が一番

前回の記事で
ギターの右用・左用の話をしましたが、
それでちょっと気付いた事がありました。

前々からず〜と感じていた事なのですが、
ギターの左用ってあんまり格好良く無い!
(世界中のレフティギタリストの皆さんゴメンナサイ)

ここで言うのは左利きのギタリストが格好悪いのでは無く、
左用のギターという楽器そのものが
イマイチという意味です。
(もっと詳しく言うと、元々右用にデザインされたギターを
左用に転用したギターの事です)

例えばエレキギターの代表的なモデル、
ストラトキャスターの場合

通常(右利き)だとこうです。
(画像は全て、親愛なるエリック・ジョンソン氏)

もし彼が左利きだとこうなります。


更にストラトと並ぶエレキの代表格
レスポールモデルの場合は


同じくレフティになると


左右対称のデザインであるES-335モデルだと


同じくレフティ


どうでしょうか?
ストラトとレスポールは左右非対称で
元々右用でデザインされているので、
左用になると何か違和感があります・・・

左右対称のES-335でも
やっぱり左用はしっくりきません。

私の場合は元々の正規のデザインが
完全にインプットされてしまっている為、
どうしても左用が異質に感じてしまうのですが、
何の先入観も持たずに右用と左用を比べた場合
どの様に感じるでしょうか?

ん〜これってギタリストブログに
書くべき記事だったかなぁ〜
どうも失礼しました・・・・・

PR
手相家 渡部明彦のもう一つの顔
「ギタリストの為の分散和音練習ノート」
こちらも宜しくです。


サウスポーの人って・・・続編

引き続きサウスポー関連話ですが、
日本では通常お茶碗は左手、
お箸は右手と教わりますね?

ですからたとえサウスポーであっても
小さい頃にそう教わるので、
結果として両刀使いになったりします。
(箸は右手、ペンは左手等々・・・)

野球でスイッチヒッターっていますけど、
スイッチピッチャーだったらもっと凄い!
(右打者に右で投げ、左打者に左で投げるとか?)

楽器だと例えばピアノの様な鍵盤楽器の場合、
楽器の構造上右利き・左利き関係無く
同じフォームで弾きますが、
ピアノでは左手の方がより重要と言われています。

左手は低音側なのでベースラインとか
和音を弾いたりして、右手はその支配下で
メロディを弾く様な感もありますしね〜

一方ギターやベースみたいな弦楽器の場合、
右利き用と左利き用のものに分かれていまして、
利き手の方が弦をかき鳴らす役目で
反対側の手は弦を押さえる役目になります。

右利きの人が左手で弦を押さえる形になるので、
即興演奏でどこからかメロディをキャッチした際は
左手でそれを「押さえ」
右手で現実の音に仕立てる感じです。

その流れからすると、
サウスポーの人が右利き用の
ギターで演奏するとより強力!
という事になります。

ちょっとややこしくなって来ましたが、
あの不世出の天才ロックギタリスト
「ジミ・ヘンドリックス」はサウスポーで、
右利き用のギターを反対に構えて
左利き用ギターとして使っていました。

う〜ん・・・話のつじつまが合わなかった;;;

PR
手相家 渡部明彦のもう一つの顔
「ギタリストの為の分散和音練習ノート」
こちらも宜しくです。


サウスポーの人って・・・

手相では主に左手で先天運、
右手で後天運を観ます。
もう少し言うと左手に精神的な事、
右手に現実的な事が多く描かれています。

左手には右脳の影響が、
右手には左脳の影響が
強く出ることになります。

右脳は潜在意識から
感性的・空想的・精神的なものが・・・
左脳は表層意識から
理性的・現実的・肉体的なものが・・・

日本人は右利きの人の割合が多く、
サウスポーの人はレアですよね?

左手が優位という事はそれだけ
右脳が発達しているのでしょう・・・
ですからサウスポーの人は
感性が豊ですよ〜きっと・・・

この話は次回に続きます〜

PR
手相家 渡部明彦のもう一つの顔
「ギタリストの為の分散和音練習ノート」
こちらも宜しくです。


image
プロフィール

渡部明彦

Author:渡部明彦
1965年 札幌市生まれ。
一男一女の父(でも独身)
東京都府中市在住。
占術は流年手相、干支気学、
現代版四柱推命
タロットカードなど。
更にメンタルチェンジャー
として、日々多くの皆様の
メンタルブロックを
チェンジ&チャージしている。
facebookページ
連絡先はakihiko.robin.watanabe
@gmail.com

ブログランキング参加中

FC2Blog Ranking

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR