アナログ or デジタル?

こんにちは~またまたご無沙汰してしまいました。
手相家の渡部明彦です。

今日はふと、You Tubeで音楽動画を観ていて
アナログとデジタルの違いについて思考が巡りました。

言うまでも無くデジタルは1と0の世界で、
白黒がハッキリしています。
一方アナログには曖昧な部分、
グレーゾーンが存在します。

例えばデジタルだと、「今階段の3段目に居ます」等と
居場所をハッキリできますが、
アナログだと「スロープの3分の1位の所に居ます」みたいな
微妙な表現になります。

世の中デジタル志向が強まると、
反対にアナログの良さを見直したりしますが、
両者の良い部分を上手く取り入れてブレンドすると
とても素晴らしいと思います。

手相で「流年法」と言って生命線上や
運命線上の年齢を読む場合、
正にこのデジアナ感覚の必要性を感じます。
どうしても定規やノギス?で測定する様にはいかないのです。

これは未だ未だ自分の技術的な問題もあると思っていますが、
本当に手相の流年法は奥が深いですね…

今日はこの辺で~

PR
手相家 渡部明彦のもう一つの顔
「ギタリストの為の分散和音練習ノート」
こちらも宜しくです。

スポンサーサイト
image
プロフィール

渡部明彦

Author:渡部明彦
1965年 札幌市生まれ。
一男一女の父(でも独身)
東京都多摩市在住。
占術は流年手相、干支気学、
現代版四柱推命
タロットカードなど
更にメンタルチェンジャー
として、
日々多くの皆様の
メンタルブロックを
チェンジ&チャージしている。
対面と電話でのセッションは
新宿南口にて午後3時~11時
詳しくはこちら
facebookページ
連絡先はmerock369@excite.co.jp

ブログランキング参加中

FC2Blog Ranking

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR