FC2ブログ

回想~NY見聞録

最近のブログ記事で
以前にニューヨークに行った事を書きましたが、
今日はお気楽にその時の事を少々…

私がNYに行ったのは今から20年近く前、
記事では20代と書きましたが、
よくよく思い起こすとちょうど30歳の時でした。

単身一人旅でして、大吉方位の旅行という事が全て!
という感じで、細かい予定は何一つ決めない
フリープランの旅行でした。

今改めて思うに殆ど何もしなかった!旅行で、
本当にただ行っただけ!でして、
ちょっと勿体無かったですね…

着いた初日に「ヴィレッジボイス」という
情報誌を入手して、何かあったら見に行こう!
等と考えながら時差ボケでその日はzzz…

翌日じっくりヴィレッジボイスに目を通すと~
何と憧れのエリック・ジョンソン氏のライブが
リンカーン・センターである!凄い!
未だ来日していない人だし、やった~
それで何時?と日付を見ると何と昨日;;;
う~昨日直ぐに寝ないでチェックすべきだった~
しかしもう後の祭り…

こんなある意味ショッキングな
旅のスタートとなったのでした…
(次回に続きそうです~)

PR
手相家 渡部明彦のもう一つの顔
「ギタリストの為の分散和音練習ノート」
こちらも宜しくです。


スポンサーサイト



富士は日本一の山

最近、巷では富士山の話題
(祝・世界遺産登録!)で賑わっている様です。
間違い無く日本のシンボルとも言える富士山が
今、このタイミングで世界遺産に登録されたのには
きっと意味があるのでしょう…

山の神とは言いますが、どこの山にも
神様はいらっしゃる!という訳ではないと思いますが、
富士山には間違いなくいらっしゃるでしょうね?

確か富士山には「正観音」様がいらっしゃると…
そうです~あの浅草寺にいらっしゃる「正観音」様です。

もうすぐ四万六千日と言いまして、
この日浅草寺にお参りすると四万六千日(約126年分)の
功徳を頂けるという大変ありがたい日がやって来ます。
7月9日・10日ですが、
「ほおずき市」と言った方が有名かも?

この日は富士山から浅草寺に
正観音様が降りていらっしゃるのかな…

占術家・メンタルチェンジャー 渡部明彦~最新情報

セッションを受けたお客様の声はこちら

Instagram

Robin on 80.love Tokyo Fm

Robin on TAKUMI JUN Make-up Salon
下にスクロールすると、モデルのRobinが現れます!

占術家 渡部 明彦のもう一つの顔
「ギタリストの為の分散和音練習ノート」
こちらも宜しくです。


My YouTube Channel

憧れの街

私は札幌生まれ札幌育ち!
生粋の道産子でして、
郷里の友人達には「絶対札幌から離れたくない!」
という人が多いです。

それだけ住みよい魅力的な札幌ですから、
私もず~と老いて死ぬまで住み続けたい
という気持ちはありました。

ですがそれと同時に10代の頃より、
「東京シティ」に対する憧れは同じ位ありまして、
「絶対に東京に行く!」(行くだけかい???)と
友人達には事あるごとに話していました…

そして現在東京生活は20年を越えまして、
本来の上京した目的は未だ果たしていないのですが、
自分の中で決して忘れた訳ではありませんし、
目的の形は時間と共に状況で変化しつつも、
決して変わらない部分は現存しているのです…

その時その時であきらめたモノや捨てたモノ…
時期が来て再度手に入れたモノや
再度手にしようとしているモノ…
(過去記事 Special Placeと若干リンクしてます)

札幌に居た頃は東京が憧れの街で、
東京に住む今は逆に、札幌がある種
憧れの街になった気がします…
あとはニューヨーク!やっぱり憧れます~
20代の頃、一度4泊6日で行きました。

この曲、名曲ですよね!
Billy Joel - New York State Of Mind


PR
手相家 渡部明彦のもう一つの顔
「ギタリストの為の分散和音練習ノート」
こちらも宜しくです。


ルネ・マグリット その2

今日は前々回の記事、
ルネ・マグリットの続編です。
まずは「光の帝国」という作品~

~昼の空の下に何故か夜の風景!

こちらは「大家族」なる作品~

~不思議な絵ですね?
何を表現しているのでしょう???

もう一枚、作品名は「アルンハイムの領地」

エドガー・アラン・ポーの同名小説と
リンクしているそうですが…

今日はちょっと箸休め的なブログで失礼しました。

PR
手相家 渡部明彦のもう一つの顔
「ギタリストの為の分散和音練習ノート」
こちらも宜しくです。


想いを形にするとは?

「相手に聞こえる様にハッキリと
大きな声で言わないと、もし相手に聞こえず
伝わっていなければ言っていないのと同じだよ!」
~いきなりですが、声が小さ目の私は周りの人に
よくこの様な事を言われたものです…

相手に伝えるにはまず「想い」が
あるハズです。そもそも「想い」が
無いのは伝える事が無いという事…

想いが無いのに伝えている状態は
悪く言うと「営業スマイル」とか
「社交辞令」「リップサービス」…

ファーストフードの某M社なんかは
メニュー表に「スマイル¥0」を掲げていますが、
あれって決して¥0では無いと思います。

たとえ営業スマイルでも真心がこもっていれば、
必ず相手に伝わり幸せな気分を与える事になり、
その結果スマイルの当人にもそれが巡り巡って
幸せとして帰ってくる…

そういう意味でこれは「想い」が
無い訳では無く、広くお客様へ対しての
「想い」があるのですね?

「想い」は必ずしも伝えれば良い!
というモノではありませんが、
何らかの形にすべき時もあると…

そんな時は短いメールでも、
ちょっと一言の電話でもいいんですよね?
タイミングが難しければ相手の記念日とか、
世間一般の「〇〇の日」とか慣習とかetc...
きっかけは何でもOK~
むしろあれこれ考えなくても
伝えようとした瞬間、
既にその霊界が出来ていますから…

PR
手相家 渡部明彦のもう一つの顔
「ギタリストの為の分散和音練習ノート」
こちらも宜しくです。


ルネ・マグリット

今日は浅野先生昨日のブログ
感化されて珍しく?美術ネタです。

お題は「ルネ・マグリット」
代表作はこちら

「ピレネーの城」です。

マグリットやこの絵を初めて知ったのは
藤子不二雄先生のとある漫画でなのですが、
子供心に相当なインパクトがありました。
専門的にはシュルレアリスムというらしい…

私は元々ひねくれた?人間で、素人なりに
ストレートでは無い、意味ありげな一癖ある表現が
恐らく気になったのだと思われます。
(決してマグリットや支持者の人がひねくれ者!
と言っている訳ではありません、念のため)

でもよくある風刺画とかだまし絵、
トリックアートなんかの類とは
ちょっと感じ方が違うのです…

因みに未だ新宿に三越の美術館があった時、
ルネ・マグリット展が開催されて
この絵の実物を観に行きました。
それはそれはもの凄い迫力でして、
言葉では上手く表現できません…

「ルネ・マグリット」どうでしょう???

占術家・メンタルチェンジャー 渡部明彦~最新情報

セッションを受けたお客様の声はこちら

Instagram

Robin on 80.love Tokyo Fm

Robin on TAKUMI JUN Make-up Salon
下にスクロールすると、モデルのRobinが現れます!

占術家 渡部 明彦のもう一つの顔
「ギタリストの為の分散和音練習ノート」
こちらも宜しくです。


My YouTube Channel

ブラックホールから生還するには?

前回の記事「ぶれない軸」
「思考と感情のブラックホール」からの生還~
その為にはしっかりとした自分軸が必要!
とありましたが、この自分軸は
その時々の思考・感情によって
様々なモノを吸寄せます。

それがブラックホール化する時は、
たいてい考えが過ぎる時や
執着心が強くなっている時の様です。

そんな時は吸寄せてしまった
様々なモノを思い切って捨て去る事が必要ですね!
捨てた後、自分軸が本来のしっかりとした
状態に戻れば無事ブラックホールから生還!です。

でも分かっていても中々捨てられないのです~
捨てなくては!もうやめなくては!と思いつつ
色々と吸寄せてしまうのです…

今日も自分に言い聞かせる為?の
ブログになってしまいました…

PR
手相家 渡部明彦のもう一つの顔
「ギタリストの為の分散和音練習ノート」
こちらも宜しくです。


ぶれない軸

唐突ですが、私の左手の知能線は
長く下垂して手首付近まで到達しています。
この事は自分の思考回路に良くも悪くも
影響を与えている模様で、
良く言うと「思慮深い」のですが、
悪く言うと「考えが過ぎる」事になります。

「考えが過ぎる」と、様々な思考や情報に呑まれて
自分を見失いがちになります。
最悪の場合は自分自身で創り上げた
「ブラックホール」に入り込み脱出困難に…

そんな時に我に返る為には
しっかりとした軸が必要ですね!
この「自分軸」さえしっかりしていれば
どんな状況でも自分を見失う事なく、
本来の魂の感じる方向へ進む事が出来る!
と常々自分に言い聞かせています…

そうなんです~今も思考と情報の
ブラックホールから生還したばかりなんです…

PR
手相家 渡部明彦のもう一つの顔
「ギタリストの為の分散和音練習ノート」
こちらも宜しくです。


身体で感じる読書

最近読書をしていて気付きました~
本の内容が身体に入る時と入らない時がある!
という至極当然と言えば当然の事にです。

読む本は自分なりにセレクトして、
読む前の段階で「必ず役立つ内容があるハズ…」
という風に決めてかかっていたりして、
すんなり入らない箇所は何度も読み返したり…
こういう時は頭で考えて理解しようとしている時で、
結果は残念ながらあまり入って来ない模様です。

すんなり呑み込める時って自然にページが
めくれていく感覚で、理解するとか以前に
身体が感じ取っている!気がします。

もっとも、難しい理論系の本などは
何度も読み返したり実践的な行為をしないと
どうしようもない場合もありますが…

私の場合は読書し始めると
途端に睡魔に襲われたりします。
それは善なるモノがこの本はNGと言っているのか?
悪なるモノがこの本は良い内容だから邪魔せねば!と
やって来ているのか??
それとも単に睡眠不足???

いずれにしても容量という物があって、
一定量を超えるとそれ以上は
入らないみたいですので、
そんな時は無理せずに休む様にしています。
身体で感じる読書の為に…

PR
手相家 渡部明彦のもう一つの顔
「ギタリストの為の分散和音練習ノート」
こちらも宜しくです。


聖蹟桜ヶ丘

今日は私の住んでいる街をご紹介します。
京王線の「聖蹟桜ヶ丘」という駅なのですが、
近くには多摩川が流れ、どことなく故郷札幌の
豊平川を想わせる光景がある街です。

実は本日(6/8)午後9時~オンエアの
某局の「出没!アド街ック天国」
聖蹟桜ヶ丘が特集されますので、
お時間あります方は是非ご覧になってみて下さい。

恐らくこの放送で取り上げられると思われる
「小野神社(一ノ宮神社)」のすぐそばに
私の住まいがあります。
駅から徒歩5分位のとても静かな住宅街で、
目の前には小さな川が流れ鯉が泳いでいます。

鯉って、金運の象徴でしたっけ?
確か故田中角栄氏の住まいの池に鯉がいて、
その池を無くしてからロッキード事件とかで
不運が続いたと聞いた事があります…

どうか家の近所の鯉さん達が
幸せ(金運)を連れて来てくれます様に…

P.S.
前回のブログで八神純子さんの事を
書きましたら私は「みずいろの雨」が好き!
という声がありましたので、
今回も引き続き八神さんの最近の映像を~

PR
手相家 渡部明彦のもう一つの顔
「ギタリストの為の分散和音練習ノート」
こちらも宜しくです。


女性としての理想の生き方

最近、シンガーソングライター(古い?)ならば
アーティストと言った方が良いかな?
「八神純子」さんを見て今回のタイトルが浮かびました。

実はこのブログを開設して間もない頃、
「ポーラースター」という記事で
八神さんについて少々書いていました。

八神さんは20歳でメジャーデビューして、
ヒット曲も沢山出しました。
その後20代後半で結婚してお子さんを二人授かり、
歌手としての活動をほぼ停止していました。

そして近年、二人のお子さんが
もう立派になられた事もあり、
徐々に歌手活動を再開しています。

これまでの八神さんの半生は幼少~音楽に出会い
10代で頭角を現し20代で大開花!
20代後半~結婚生活突入~
家庭で二人の子供を立派に育て上げ~
満を持して歌手活動を再開~
これからも増々輝いていく事でしょう…

恐らく全てが順風満帆に行った訳ではなく、
人生の過程では様々な局面があり、
それ相当の苦労はあっただろうとは思いますが、
こんな女性の生き方って素敵だと感じるのです…

そんな八神さんの最近の映像を~
今聞くと何故だかジ~ンと来る
「想い出のスクリーン」です。


この曲を出した当時(20代前半)は、
穢れないクリスタルな声という感じでしたが、
結婚~出産~子育てを終えた50代の今は
元々のクリスタルボイスに人生経験の
酸いも甘いもが加わり深みが出て、
「色気」と「豊さ」も備わり官能的ですらあります…
ルックスに関しても同様で、
若い時より今の方が輝いていて美しいですね?

全ての女性がそれぞれに
輝いた生き方が出来ます様に~
男性は大丈夫!黙っていても歳と共に
後頭部から光り輝いていきますから…

占術家・メンタルチェンジャー 渡部明彦~最新情報

セッションを受けたお客様の声はこちら

Instagram

Robin on 80.love Tokyo Fm

Robin on TAKUMI JUN Make-up Salon
下にスクロールすると、モデルのRobinが現れます!

占術家 渡部 明彦のもう一つの顔
「ギタリストの為の分散和音練習ノート」
こちらも宜しくです。


My YouTube Channel

国会図書館を利用しよう!

先日の記事「梅雨空のあちこち探訪記」
北区十条にある「鴨書店」さんへ行き、
専門書籍は高価だ~等と書きました。

公共の図書館にその類の本があれば
借りてくるというのも一つの手ですが、
そんな図書館のキング・オブ・キングス!
的な存在が「国立国会図書館」です。
実際に行った事は無くても
名前は聞いた事がある!という人は多いと思います。
(浅野先生のブログ記事「秋の読書習慣」参照)

色々な利用方法がありそうですが、こちらのサイト内の
「近代デジタルライブラリー」はお勧めです。
貴重な(購入するとうん万円!もする様な)
書籍がまんまPCで閲覧出来るのですから…

まぁ~目的の本が必ずしも
提供されているとは限りませんが、
チェックしてみる価値は充分にあると思います。
是非一度お試しあれ~

P.S.
この記事を書き終えた所で
記事番号を見ると246番でした~
瞬間にピン!と来ました~国道246号(青山通り)
国立国会図書館の東京本館は、
国道246号(青山通り)沿いにあるのです…

PR
手相家 渡部明彦のもう一つの顔
「ギタリストの為の分散和音練習ノート」
こちらも宜しくです。


オリジナリティは必要か?

今日はちょっと堅いかも知れませんが、
個性とか、オリジナリティ等について考察してみます。

その人の個性とかオリジナリティとかって、
良い意味では持ち味でセールスポイントです。

占い師~例えば手相家でも、
皆それぞれ他の人には無い個性的な面、
オリジナルな面を売りにしている部分はあります。

タロッティストなんかだと、使用するカードから
流派?の違いやらでカードそのものの解釈も
まちまちで、まさに百花繚乱?の趣き…

しかしながら、占いの目的が
目の前のお客様の幸せの為ならば、
英語で言う interpretation
「インタープリテーション」
自分としての解釈に基づくアドバイス!
この部分が最大のオリジナリティに
なるのでは?と思います。

そして本当の意味でお客様の
幸せを願うならば、自分のちっぽけ?な
個性などは何処かにしまっておいて、
神なる声を聴く事が出来なければ!とも感じます…

「インタープリテーション」は
直訳で「通訳」という意味がありますから、
占い師は神の声を通訳してお客様へ伝える人
=神様語(言葉に限らない)の同時通訳者ですね???

同時通訳中は自分の個性や専門的な知識など、
全てを超越した所で行っていますので、
もはやオリジナリティ云々は…

占術家・メンタルチェンジャー 渡部明彦~最新情報

セッションを受けたお客様の声はこちら

Instagram

Robin on 80.love Tokyo Fm

Robin on TAKUMI JUN Make-up Salon
下にスクロールすると、モデルのRobinが現れます!

占術家 渡部 明彦のもう一つの顔
「ギタリストの為の分散和音練習ノート」
こちらも宜しくです。


My YouTube Channel

image
プロフィール

渡部明彦

Author:渡部明彦
1965年 札幌市生まれ。
一男一女の父(でも独身)
東京都府中市在住。
占術は流年手相、干支気学、
現代版四柱推命
タロットカードなど。
更にメンタルチェンジャー
として、日々多くの皆様の
メンタルブロックを
チェンジ&チャージしている。
facebookページ
連絡先はakihiko.robin.watanabe
@gmail.com

ブログランキング参加中

FC2Blog Ranking

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR